幸武建設株式会社は茨城県・千葉県全域などを中心に公共土木事業と商業施設・オフィスビルの建築事業を展開、さらに注文による住宅事業も数多く手掛け、地域の発展に貢献しています。

会社沿革Company History

昭和39年6月代表取締役野口幸治畏兄、野口武司建築業を開業
昭和39年8月茨城県鹿島郡神栖町深芝に工場新設
昭和42年1月代表取締役野口幸治当事業を継承
昭和47年8月神栖町神栖4-2802-125に工場新設
昭和52年4月神栖町神栖4-2802-21に工場新設、移転
昭和54年4月幸武建設株式会社に組織変更
昭和56年8月工場再増設により工場総面積2,700㎡となる
昭和56年9月記工場内に県下一を誇る最新鋭機械導入により生産能力月20棟のライン化完成
昭和60年5月神栖町神栖4-5-31に新社屋完成
昭和63年6月総合ホテル「ATONPALACE HOTEL」竣工。幸武建設観光事業部開業(敷地総面積約3,600坪)
平成2年3月アトンパレスホテル新館アネックス竣工
平成7年4月公共工事参入
平成9年10月アトンパレスホテル国際館ルクソール竣工(アトンパレス総坪数約6,000坪弱)
平成11年12月幸武ホーム神栖展示場オープン
平成12年2月幸武ホーム鹿嶋展示場オープン
平成13年5月株式会社大森組と合併
平成14年3月観光事業部アトンパレスホテル分社。幸武都市開発株式会社誕生
平成16年4月(株)ニッポーコーポレーションとの共同プラント「みどりアスコン」始動
平成16年6月幸武ホーム神栖展示場リニューアルオープン
平成17年10月鉾田土地改良事務所より優秀現場技術者賞受賞
平成18年7月茨城県より茨城県土木部長賞受賞
平成18年10月鉾田土地改良事務所より優秀現場技術者賞受賞
平成23年10月茨城県より茨城県企業局長賞受賞
平成23年12月茨城県企業局より優秀現場技術者表彰受賞
平成24年7月茨城県より茨城県土木部長賞受賞